アフィリエイト情報

インボイス制度の導入で課税事業者になるべき?

目安時間 3分
  • コピーしました

当記事はアフィリエイト広告を利用しています。

 

10月からはステマ規制インボイス制度が導入されます。

 

ステマ規制については以前紹介したように、記事の冒頭でアフィリエイト広告や、

 

プロモーション広告を利用していることを一言追記すれば大丈夫です。

 

 

一方のインボイス制度についてはごちゃごちゃしていて分かりづらいですよね。

 

そもそもインボイス制度とは適格請求書等保存方式という名称で、課税事業者が正確な消費税額の納付を促す制度となっています。

 

今までは企業がアフィリエイターに支払っていた報酬は、相手が免税事業者あるいは課税事業者のどちらでも消費税分を控除していました。

 

それがインボイス制度の導入により、相手が免税事業者だとインボイスが発行されなくなります。

 

まだ分かりにくいと思いますので具体的例を上げてみましょう。

 

課税事業者ではASPから振り込まれた報酬の内、税金となる部分を自分で納める必要があります。

 

例えば、5,000円の報酬が確定した場合は消費税の部分500円ですね。

 

免税事業者のままだと5,000円の報酬が確定した場合、消費税の500円の部分はASPに納税義務が発生します。

 

税金はASPが納めてくれますので、あなたの口座には5,000円が振り込まれます。

 

結局のところ課税事業者、免税事業者問わず貰える報酬額は変わりません。

 

消費税を申告するのが誰になるのかという違いですね。

 

ASPからインボイス制度について課税事業者登録を促すようなメールが、届いていると思いますが、年間1千万円以上の売り上げがなければ免税事業者のままで問題ないですよ。

 

課税事業者になれば売り上げと税金を分けて計算しないといけない為、確定申告の際に手続きが複雑になってきます。

 

税理士さんに依頼しなければ分からないことも多く、税理士費用も年間で数十万円とかかってきます。

 

インボイス制度が導入されることで、課税事業者にならないと損をするような錯覚を受けますが、年間の売り上げが1千万円を超えていないのであれば免税事業者で大丈夫です。

 

来週から10月なのでステマ規制とインボイス制度がそれぞれ導入されますが、それぞれ正しい知識を理解して報酬が発生した後に問題が起きないようにしておきましょう。

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

アバター画像
ハリー

ハリーと申します。2020年からアフィリエイトを始め、現在は複数のサイトを運営中。 時間に比例しない働き方としてアフィリエイト全般に関する情報を、ブログやメルマガを使って配信しています。 ハリーはアフィリエイトと出会ったことで人生が大きく変わりました。 今からアフィリエイトを始めようと思っている方や、 1人で作業をしていて不安なことがあれば何でもご相談して下さいね。

サイト運営者について

当サイトにお越し頂きありがとうございます。管理人のハリーと申します。
2020年からアフィリエイトを実践しながら現在は「情報配信アフィリエイト」「ASPアフィリエイト」を中心に取り組んでいます。当サイトでは今からアフィリエイトを始めようとしている初心者から上級者まで実践可能なフィリエイトテクニックを配信中です。

よく読まれている記事
検索
カテゴリー
お問い合わせ

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。原則24時間以内にご返信させて頂きます。

お気に入り追加

お気に入りに登録されると次回からのアクセスが楽になります。お気に入りに登録するには、 [CTRL+Dボタン]で登録できます。