Word Press(ワードプレス)

「この記事を書いた人」の項目を追加することで読者さんの印象が良くなりますよ!

目安時間 4分
  • コピーしました

当記事はアフィリエイト広告を利用しています。

 

アフィリエイトで商品を紹介している記事を読んでいると、下段部分に「この記事を書いた人」という項目が入っているのを見かけますよね。

 

プロフィールをしっかり作成していたとしても読者さんは商品が目当てであなたのサイトを訪れている可能性が高い為、プロフィールまでは見てもらえないことが多いです。

 

何度も読者さんにあなたのサイトに訪れてもらうには、記事の中でどんな人が書いているのか印象に残るようにする必要があります。

 

短い文章でインパクトがある文面ならば読者さんの目に止まり、自然とあなたのサイトに訪れる回数が増えてくるでしょう。

 

ちなみにハリーの場合はアフィリエイトは「時間に比例しない働き方」というのと、「一人で作業していて不安なことがあれば何でもご相談して下さい」という文面を入れています。

 

こうすることで、読者さんにアフィリエイトについて興味を持ってもらえますし、作業中に不安なことがあっても気軽に相談できる人なんだという安心感も与えられますよ。

 

 

「この記事を書いた人」はHTMLやCSSを使って作成させることも可能ですが、「Fancier Author Box」というプラグインを使えば簡単に作成できますよ。

 

Fancier Author Boxの設定について

まずは「Fancier Author Box」のプラグインをインストールしましょう。

 

ワードプレスのダッシュボードからプラグインの新規追加で検索後、インストールしてみてください。

 

インストール後は「プラグインを有効化」をクリックしてください。

 

 

「設定→Fancier Author Box」から設定画面に移動後、表示する場所やデザインのカスタマイズを行うことができます。

 

固定ページで表示したくない場合は「なし」を選択してください。

 

 

続いては「ユーザー→プロフィール」をクリックし、プロフィール画面を表示させてください。

 

ニックネームを変更することでブログ上の表示名も変更できるようになります。

 

 

 

読者さんの目に止まるようなプロフィール情報を充実させましょう。

 

「プロフィール写真」についてはGravatarで作成しても問題ありませんが、設定が少し複雑なので「Simple Local Avatars」というプラグインがおすすめですよ。

 

 

Simple Local Avatarsをインストール後「プラグインを有効化」までクリックすると、プロフィール情報の下段に「Avatar」という項目が追加されます。

 

こちらで画像を選択してください。

 

 

「この記事を書いた人」の項目を追加することで読者さんが、あなたがどんな人なのかイメージしやすくなります。

 

記事全体の見た目も良くなりますので特にこだわりが無い場合は、「Fancier Author Box」で作成するのがおすすめですよ。

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

アバター画像
ハリー

ハリーと申します。2020年からアフィリエイトを始め、現在は複数のサイトを運営中。 時間に比例しない働き方としてアフィリエイト全般に関する情報を、ブログやメルマガを使って配信しています。 ハリーはアフィリエイトと出会ったことで人生が大きく変わりました。 今からアフィリエイトを始めようと思っている方や、 1人で作業をしていて不安なことがあれば何でもご相談して下さいね。

サイト運営者について

当サイトにお越し頂きありがとうございます。管理人のハリーと申します。
2020年からアフィリエイトを実践しながら現在は「情報配信アフィリエイト」「ASPアフィリエイト」を中心に取り組んでいます。当サイトでは今からアフィリエイトを始めようとしている初心者から上級者まで実践可能なフィリエイトテクニックを配信中です。

よく読まれている記事
検索
カテゴリー
お問い合わせ

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。原則24時間以内にご返信させて頂きます。

お気に入り追加

お気に入りに登録されると次回からのアクセスが楽になります。お気に入りに登録するには、 [CTRL+Dボタン]で登録できます。